空室対策リノベーション

空室リノベーションとは、物件が持つ価値を最大限引出し、資産価値を上げること

一般的なリノベーションとは機能、性能を時代の変化に合わせて新築時の機能、性能以上に向上させることを言います。しかし弊社が考えるリノベーションとは、物件ごとに徹底的に市場調査を行い、周辺環境、人口動向を精査し、ニーズを見極めます。そのデータを基に間取り変更や、二部屋を一つにするなどニーズに合った、魅力のあるお部屋を提案しております。この提案により家賃の下落を抑え、尚且つ資産価値向上に繋げております。これこそ弊社が考える「空室リノベーション提案」であります。

空室対策リノベーション 実例

Before

1ルームタイプ

所在地:京都市

築年数:築20年

間取り:1Kタイプ

専有面積:25u

After

駅前の好立地物件を満室再生

広く見える工夫

空室対策リノベーション 実例

Before

before画像1

所在地:京都市中京区

築年数:47年

間取り:2DK→2LDK

専有面積:50u

After

築47年の再生

after画像1

after画像2

after画像3

after画像4

▲ページトップに戻る